過去の恋をひきずる体質を心理テストで診断

過去の恋をひきずる体質を心理テストで診断

a0002_010778

あなたの「過去の恋をひきずる体質」って、気になりませんか??

 

過去の恋愛・・・それは恐ろしいほど、自分をむしばみます。

あの時はよかった、あの彼はすてきだった・・・そんな風に思い返すことってありませんか??

この心理テストで、過去の恋をひきずる体質かどうか診断しちゃいましょう!

 

過去の恋をひきずる体質を心理テストで診断

傷にかさぶたができてしまいました。

あなたは一体どうしますか??

A:むしる

B:保護する

C:気にしない

 

過去の恋をひきずる体質を心理テストで診断【診断結果】

A:むしる……ひきずり指数60%未満

失恋直後はかなり!!へこんでしまうというタイプですね・・・。

忘れなくては・・・と強く思ってはいます。

しかしなかなか忘れられないのが人です。

けれど、勝気なあなたは恋を引きずりたくない!引きずってない!と認めたくないのです。

次の人で心を癒そう!と試みています・・・。

はじめの3カ月くらいはがっつり引きずる傾向にあります・・・。

徐々に気持ちが落ち着いてきた・・・というときは、過去は過去として整理をつけるべきでしょう。

そして思い出として扱うのがいちばんです。

ピュアなので傷つきがちなところはあります。

しかし、しっかり過去を乗り越えることができちゃいます!!

 

B:保護する……ひきずり指数70%以上

失恋を修復できるのでは??と思うあなた。

恋を終わらせない方向で、できれば解決したい・・・というかんじですね。

心に痛手を負いつつも・・・傷が癒えたら元通りになる!なんて期待は抱いてないでしょうか??

いつまでも忘れられない・・・。

新たな恋愛に進められない・・・。

元彼の面影を求めてしまうというパターンが多いですね。

 

C:気にしない……ひきずり指数40%以下

負った傷は仕方がないと割り切ることができるあなた。

傷跡ができても当然のこと!と思っています。

別れたくなかったけれど、終わりになってしまった恋愛・・・。

いい恋だった!!とケジメをつけたいあなた。

一方、別れたくて別れた場合は・・・。

あなたのクールさが相手をズタボロに!?なんてことも。

 

以上、「過去の恋をひきずる体質を心理テストで診断」でした。

過去の恋はしっかり清算しましょう!



スポンサードリンク

この記事の最上部へ

【本当に当たる心理テスト】トップへ

コメントを残す

このページの先頭へ